Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nouroumu.blog50.fc2.com/tb.php/91-29ebe2d8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

農業の業務上災害 平成19年数値

先月末、農林水産省が農作業中の事故についてのデータを発表しました。

農林水産省のHP
http://www.maff.go.jp/j/press/seisan/sien/090428.html


このブログで以前に農作業中の死亡事故についての記事を書き、私が集計した他産業との比較の表をご紹介しました。

当ブログ過去記事
http://nouroumu.blog50.fc2.com/blog-entry-16.html



で、新しいデータ(・・・といっても、平成19年のですが・・・)を書き加えた表が以下のとおりです。


nougyourousai19


クリックしてください。。。大きくなります。
(資料:農林水産省報道発表及び厚労省死亡労働災害を基に作成)




以前の記事にも書きましたが、注目していただきたいのは平成7年以降の全産業及び建設業の死亡者数の推移です。

建設業は、12年間で労働死亡事故者数が半分以下になりました。
建設業界の普段からの取り組みの賜物だと、数字をみても理解できます。

一方、農業はというと12年間まったく変化はありません。
平成19年の死亡事故データをみても70歳以上の事故死が242名と約6割をしめており、この傾向はここ数年かわることはありません。

データは死亡事故のものしかありません。個人経営が主であり、労災の適用が任意で、データとして収集できないためかと思われます。労災データを収集したとしても、正確な農作業中の事故データとはいえないでしょう。

いずれにせよ、死亡事故データだけをみても、自営業であり定年がない農業の特徴的なことに変わりはないものの、現実に全産業のなかでも比較的労働災害の少なくない業種であることには間違いないと思われます。


農業は、雇用の受け皿として注目されています。また、農業を仕事として就労される若い人たちも増えようとしています。安全研修・教育は必要不可欠ですし、労災加入も当然必要です。


こういうところも制度として、整備していくべきです。


suppot-logo

ご相談はこちらへ・・・・
農業経営を労務の面からサポートする
農業労務コンサルタントの事務所

橋本將詞社会保険労務士事務所


ブログ村に参加しました。
ポチッとしていただければ励みになります。。
にほんブログ村 企業ブログ 農林水産業へ







スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nouroumu.blog50.fc2.com/tb.php/91-29ebe2d8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

SRしょうし

Author:SRしょうし
【事務所】
橋本將詞社会保険労務士事務所


【自己紹介】
昭和47年12月17日生
妻・娘・息子・母 の5人家族

大学時代に地元で集荷業を営んでいた父が他界。卒業と同時に父の跡を継ぎ、地元・上鳥羽で集荷業を営む。

同時に、社労士の勉強を開始。
平成12年合格、翌年登録、そして開業。


集荷業を営みつつ、事務所を運営する異色の社労士。


子供の頃から地元生産者の方々にお世話になり、農業の大切さを知る。
高齢化・人材不足・・・の波がおそう農業界に社労士として何ができるか模索中。


自称:農業労務コンサルタント



【集荷業とは・・・】
地元生産者と中央市場との仲立ち役。
市場出荷がメインの地元だが、市場評価と消費者評価に温度差があることに疑問を感じ、こちらも模索中。
ネットショップを開店するなど、市場外流通も始める。

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア

ビジネスブログランキング

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。