Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nouroumu.blog50.fc2.com/tb.php/81-f2a2c359

トラックバック

[T3] 暗記をしない!社労士試験合格法☆社会人でもらくらく合格した

2009年度の社会保険労務士試験は、どんどん迫ってきています・・・勉強ぎらいの私が、暗記をせずに合格した勉強法とは・・・高校時代はバレーボールばかりで勉強をせず、親に大学進学を反対され、専門学校へ進学。当時、ほぼ毎日終電で帰る残業まみれのサラリーマンだった...

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

農業労務アドバイス

少々ブログをさぼってしまいました。

急遽ではありますが、新しいサービスを始めさせていただきます。
・・・といっても、これまでもこのようなことをお受けすることはできたのですが、士業の仕事というのはパック販売・・・という形では提供しにくくお伝えしにくいところがありますので、皆さんにご承知いただけなかった点があったかもわかりません。


さて、そのサービスとは・・・・

support.jpg


農業経営者や農業法人の事業所における労務管理の実態を法に照らしてもう一度チェックさせていただきます・・・というサービスです。


労務監査・・・なんて言葉が流行ってはいますが、そこまで大それたものではなく、今現状での労務管理は適正化どうか・・・法に適しているかどうか・・・従業員さんから不満な内在していないか・・・等を見させていただき、チェックしてみませんか?ということです。


まだまだ「形」になっているサービスではありませんが、当面の間は1日辺りの派遣日当15,750円を10,500円(+交通費)でさせていただきます。


もちろん、労務管理全般についてチェックさせていただきますし、今現在疑問に思われているところなどは事前にメールにて聞き取り調査もしますので、より重点的にチェックさせていただきます。

また、その後も報告レポートとして見直すべきところはご報告させていただきます。もちろん、レポートに関する質問もメール等お応えさせていただきます。


但し、実際の手続代行や書類作成・整備に関しては別途料金を頂戴します。(事前にお見積もり・了解の下で・・・)



どうぞご検討を・・・・・・。


ご相談はこちらへ・・・・
農業経営を労務の面からサポートする
農業労務コンサルタントの事務所

橋本將詞社会保険労務士事務所


ブログ村に参加しました。
ポチッとしていただければ励みになります。。
にほんブログ村 企業ブログ 農林水産業へ





スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nouroumu.blog50.fc2.com/tb.php/81-f2a2c359

トラックバック

[T3] 暗記をしない!社労士試験合格法☆社会人でもらくらく合格した

2009年度の社会保険労務士試験は、どんどん迫ってきています・・・勉強ぎらいの私が、暗記をせずに合格した勉強法とは・・・高校時代はバレーボールばかりで勉強をせず、親に大学進学を反対され、専門学校へ進学。当時、ほぼ毎日終電で帰る残業まみれのサラリーマンだった...

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

SRしょうし

Author:SRしょうし
【事務所】
橋本將詞社会保険労務士事務所


【自己紹介】
昭和47年12月17日生
妻・娘・息子・母 の5人家族

大学時代に地元で集荷業を営んでいた父が他界。卒業と同時に父の跡を継ぎ、地元・上鳥羽で集荷業を営む。

同時に、社労士の勉強を開始。
平成12年合格、翌年登録、そして開業。


集荷業を営みつつ、事務所を運営する異色の社労士。


子供の頃から地元生産者の方々にお世話になり、農業の大切さを知る。
高齢化・人材不足・・・の波がおそう農業界に社労士として何ができるか模索中。


自称:農業労務コンサルタント



【集荷業とは・・・】
地元生産者と中央市場との仲立ち役。
市場出荷がメインの地元だが、市場評価と消費者評価に温度差があることに疑問を感じ、こちらも模索中。
ネットショップを開店するなど、市場外流通も始める。

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア

ビジネスブログランキング

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。