Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nouroumu.blog50.fc2.com/tb.php/76-e7a8b894

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

農地制度改革案  皆さんはどう思われますか?

石破農相が経済財政諮問会議に農地制度改革案を示した内容が明らかになりました。


大雑把な内容は以下のとおり・・・

①農地転用の規制の強化・・・違反転用に対しての罰則強化
②規模拡大と新規参入の促進・・・農地貸借の原則自由化、株式会社の参入可能に、生産法人への出資制限緩和、20年を超える農地の賃貸借、農地取引機能の全市町村に、他。


やはり、目玉は農地貸借の原則自由化と株式会社の参入でしょうか。


個人的には、営利目的である株式会社が自己資本を元手にして、安易に農業に参入することには反対です。安易にと書いたのは、入り口はともかく利益があがらない場合のときのことを考えてです。株式会社は営利目的でしょうから、農業を始める段階では念入り調査のうえ、計画をたてて参入されることと思います。それはそれで結構。。。

ただ問題はそれが継続されるのか。。。



安易に農業から手を引くことを危惧しています。



高齢化が進み、耕作放棄地が増え、自給率が下がり続ける現状では、農業の担い手として株式会社を想定することは理解できます。ただ、株式会社は営利目的の法人。利益があがらなければ撤退することは十分にありえます。



私のよくお邪魔するブログで、この農地改革プランに関して、農業には「歴史と経験」、「情熱と愛情」が必要だと書かれていました。。。

「歴史と経験」というのは大事かと思いますが、それに固執すると新規参入の道を閉ざすことになります。。。ただ、「情熱と愛情」は絶対に必要でしょう。。


自分の作った作物に対する「愛情」。

作るものにかける「情熱」。



新規参入する株式会社には、この二つは求めたいものです。。。


愛情をもって、情熱をかけて農業に取り組んでいれば、営利目的の組織とはいえ、農地を投げ出すことはないでしょう。。。


ご相談はこちらへ・・・・
農業経営を労務の面からサポートする
農業労務コンサルタントの事務所

橋本將詞社会保険労務士事務所


ブログ村に参加しました。
ポチッとしていただければ励みになります。。
にほんブログ村 企業ブログ 農林水産業へ




スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nouroumu.blog50.fc2.com/tb.php/76-e7a8b894

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

SRしょうし

Author:SRしょうし
【事務所】
橋本將詞社会保険労務士事務所


【自己紹介】
昭和47年12月17日生
妻・娘・息子・母 の5人家族

大学時代に地元で集荷業を営んでいた父が他界。卒業と同時に父の跡を継ぎ、地元・上鳥羽で集荷業を営む。

同時に、社労士の勉強を開始。
平成12年合格、翌年登録、そして開業。


集荷業を営みつつ、事務所を運営する異色の社労士。


子供の頃から地元生産者の方々にお世話になり、農業の大切さを知る。
高齢化・人材不足・・・の波がおそう農業界に社労士として何ができるか模索中。


自称:農業労務コンサルタント



【集荷業とは・・・】
地元生産者と中央市場との仲立ち役。
市場出荷がメインの地元だが、市場評価と消費者評価に温度差があることに疑問を感じ、こちらも模索中。
ネットショップを開店するなど、市場外流通も始める。

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア

ビジネスブログランキング

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。