Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nouroumu.blog50.fc2.com/tb.php/3-9038b58e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

農業こそ人的資源管理

労務管理・・・よく似た言葉に人事管理というものがあります。実は、明確に区分されていることはありません。昔は、ブルーカラーの管理を労務管理、ホワイトカラーの管理を人事管理と区分していたようですが、今では区分が曖昧になっています。また、人事労務管理は「人的資源管理」という考え方に変わってきています。

決められた仕事に過不足なく人員を配置し、無駄なく効率的に組織を運営するという考え方が下にある人事管理(人の管理)に対し、「人的資源管理」は、決められた仕事だけではなく市場や技術の変化が激しい今日においてその変化に適応でき、また対応できる人員を育てるという考え方が下にある人事管理のことをいいます。

日本では、「年功序列」や「終身雇用」など従来から「人的資源管理」を念頭にしたと思われるような人事管理を行ってきました。流れとして今また見直されつつあると考えてもいいかもわかりません。


そして農業に関していえば、その特殊性(参考:私のHP・・・http://www.h2.dion.ne.jp/~sr-agri/for-agri/keiei/roumukanri.htm)を考えると、まさに「人的資源管理」という考え方を念頭におく人事労務管理を行うことが必要です。


「農業」は、季節性があり天候・気候・環境によって仕事が大きく変化します。市場では規格のそろった工場製品のような青果物を求めていますが、その求めに応える(・・・ことが良いことか悪いことかは別にして・・・)にしても、ある程度従業員さんの現場での判断というものが大きく左右されるものです。その判断ができる従業員さんを育てることをしないと組織として存続することは難しいでしょう。


また、高齢化と後継者不足、耕作放棄地が進んでいる日本の農業において農業の支えてを増やすことは急務です。そういう意味からも農業経営者は、将来の日本の食を担う農業者を育成する使命を負っているといっても過言ではありません。
農業人として人材を育成することが、日本の農業を守ることに繋がるのです。自社の経営のためだけでなく、将来の日本農業を考える上でも人的資源管理という考え方での人事労務管理は必要になるのです。


難しい言葉で書いてしまいまいした。。
農業に限らず「ヒト」は重要な経営資源とされています。そして、「ヒト」を管理する人事労務管理は大切な事業経営にとって欠かすことができないものになっています。
また、農業にとって人事労務管理は一般論として必要なだけでなく、次代の「食」の担い手を育成するという意味でも絶対に必要なのです。





農業経営を労務の面からサポートする
農業労務コンサルタントの事務所

橋本將詞社会保険労務士事務所
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nouroumu.blog50.fc2.com/tb.php/3-9038b58e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

SRしょうし

Author:SRしょうし
【事務所】
橋本將詞社会保険労務士事務所


【自己紹介】
昭和47年12月17日生
妻・娘・息子・母 の5人家族

大学時代に地元で集荷業を営んでいた父が他界。卒業と同時に父の跡を継ぎ、地元・上鳥羽で集荷業を営む。

同時に、社労士の勉強を開始。
平成12年合格、翌年登録、そして開業。


集荷業を営みつつ、事務所を運営する異色の社労士。


子供の頃から地元生産者の方々にお世話になり、農業の大切さを知る。
高齢化・人材不足・・・の波がおそう農業界に社労士として何ができるか模索中。


自称:農業労務コンサルタント



【集荷業とは・・・】
地元生産者と中央市場との仲立ち役。
市場出荷がメインの地元だが、市場評価と消費者評価に温度差があることに疑問を感じ、こちらも模索中。
ネットショップを開店するなど、市場外流通も始める。

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア

ビジネスブログランキング

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。