FC2ブログ
農業労務コンサルタントのブログ
農業に特化した社労士事務所を営む特定社会保険労務士が、経営者に限らず実際に研修生として農業界に身を置く方へ、農業労務の情報を提供。
201808<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201810
ご提案2
農業法人・農業経営者の皆様へご提案

「ヒト」のことでお困りではありませんか?

橋本將詞社会保険労務士事務所は、農業に特化した社会保険労務士事務所。しかも、京都で農産物の集荷業を営む農産物流通に長けた社労士が皆様のお困りごとをサポートします。



●人材の定着、育成など
平成27年度から開始された雇用保険の助成金を活用した評価制度の導入をお勧めしております。
助成金受給額の範囲内で、就業規則の整備から評価制度導入までサポートします。
もちろん、残りは会社に入ります。
しかも、助成金受給後のお支払いで、万が一受給できなかった場合、報酬は請求いたしません。
「労務にお金をかけることができない」という農業経営者の声を多数きいており、このような仕組みをさせていただいております。これも農業を愛する故。

詳しいことは以下のPDFファイルをご覧ください。
また、お気軽にお問い合わせください



●面倒な給与計算、事務処理すべてお任せ
人を雇用すると発生するのが給与計算、労働保険(労災・雇用)の諸手続き、社会保険の諸手続きです。社員の出入りがあるたびに手続きが発生し、社員の方への説明も必要です。

そんな事務処理は、専門家である社会保険労務士にお任せください。
迅速に手続きするだけでなく、わからないところは懇切丁寧に解説。社員の方への説明もさせていただきます。


●農作業中の事故、安全管理等
経営者の皆様は、農業のプロ。家業としてされてきて人を雇い入れる立場になられたかもわかりません。その圃場(地域)で生まれ育ち、地形や水の流れなど熟知されておられます。でも、そこに職業・研修として入られる社員は?農業もはじめてかもわかりません。そんな社員に、安全に作業をしてもらう環境を整えるのも経営者の役目です。
何かある・・・前の予防段階として、安全研修や安全への取り組みについて、ご相談ください。

また、農業労災は普段の勤務管理が非常に重要になってきます。労災への対応もお任せください。



●社内研修のご提案
先にも書いたように、私の家業は集荷人。市場流通にはめっぽう強く、卸売、小売も経験してまいりました。その経験を活かし、「農産物流通」「6次化・農商工」など労務だけの研修ではない社内研修の講師も務めさせていただくことが可能です。

また、農業に特化した社労士を名乗って15年近く。私のまわりには農業に力を入れている専門家(行政書士、診断士、会計士、税理士など)多数おられます。それだけではなく、中央市場関係者、仲卸、量販店バイヤー、加工業者など様々な分野の方を研修講師としてお願いすることも可能です。


これら、他の社労士事務所では提供できないサービスを備え、皆様からのお問い合わせをお待ちしております。


スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.