FC2ブログ
農業労務コンサルタントのブログ
農業に特化した社労士事務所を営む特定社会保険労務士が、経営者に限らず実際に研修生として農業界に身を置く方へ、農業労務の情報を提供。
201807<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201809
TPPで話題になりますが、国内農業の強化って?
最近、よく話題になっていますが、TPP・・・環太平洋連携協定について、正直いって報道程度で知る程度で何も深くはわかっていませんが、非常に興味深くみています。


TPPに参加するという判断は先送りになったようですが、その理由の一つに農業界からの反対意見があります。


TPP参加には皆さん、色んな意見をお持ちでしょうし、非常に微妙な問題で、あくまでも個人的な意見としかいえないのですが、政府含め賛成派の皆さんがおっしゃられている「国内農業の強化」の意味がまったくわかりません。


よく「日本のコメは品質的には最高で、外国が欲している。」「輸出することで活路が見出させる」との話をされます。でも、現実的に考えると輸出して日本の農業者すべてがうまくいくとは思えません。農業者の間でも格差が広がります。事業として営んでいるのでそれはそれである程度覚悟が必要かと思いますが、淘汰された農業者が、もし廃業し、生産しなくなって本当にいいのでしょうか?


となると、日本の食物は完全に輸入に依存しなくてはなりません。


もし、これまで安価で提供してくれていた諸外国が何らかの理由で輸出しなくなったら?
そんなことはあり得ない・・・という人もいるかもわかりませんが、本当にそう言い切れますか?



日本全体で高齢化が進み、今ほどの食料供給の必要性がなくなるという専門家もおられるようですが、政府は出生率を上げることを大きな課題として掲げているのでは?




日本は加工貿易に国で、農業も立派な商品となりえるという政治家がおられました。確かにそうかもわかりませんが、農業をされている方は単に「売る」ことを目的(商売のためだけに)作物を作られているとは私には思えません。確かに、生活のために「売る」ことを目的にされていることは確かなのですが、それ以外にも何か「守るもの」をお持ちで、何か「使命感」から農業に従事されている方も多くおられると思います。


それは、「地域を守る」ことであったり、「故郷を守る」ことであったり、「人を守る」ことであったり。



参加せねば、外国との関係に微妙な影響が・・・ということもわかりますが・・・。






個人的な意見ですが、外国から安価な農産物が流れてきても、消費者が国産を選んでくれれば、それほど問題はないと思います。となれば、農業強化には消費者意識の変化が欠かせない。

日本の農業をなくしてはいけない・・・という消費者の意識
日本の農産物のほうがおいしい・・・・という消費者の意識


こういう政策にも取り組んでほしいと思います。


ご相談はこちらへ・・・・
農業経営を労務の面からサポートする
京都府担い手育成支援協議会 登録スペシャリスト
全国農業経営支援社会保険労務士ネットワーク 会員
特定農作業従事者団体 京都農ゆう会 理事長
橋本將詞社会保険労務士事務所



ブログ村に参加しました。
ポチッとしていただければ励みになります。。
にほんブログ村 企業ブログ 農林水産業へ




スポンサーサイト

テーマ:農業 - ジャンル:就職・お仕事

コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.