Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nouroumu.blog50.fc2.com/tb.php/138-a1c442f4

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

世界の人口増えて、日本はどうなる?

今、APECの閣僚会合が開かれているのをご存知ですか?


食料安全保障担当大臣の会合が10月16日と17日に新潟市で開催されたました。APECにおいてこのような会合が開かれてのは初めてだそうで、その背景には国際連合食糧農業機関(FAO)の深刻な予測があるそうです。



その「深刻な予測」とは・・・・


世界の栄養不足人口が09年10億人を突破。


世界の人口は2050年には2005年の1.4倍・・・91億人になる見通し。
その人口を養うために食料全体の生産量を現在よりも70%増やす必要がある。



70%増???


びっくりな数字です。


人口予測では、先進国12億人の人口は2050年でも横ばい。途上国の人口は53億人⇒79億人になるとの予測。とくに、アジア及びアフリカ地域で大きく増加すると見込まれています。


40年後に、世界全体(とくに、アジア及びアフリカ地域)で1.7倍の食料が必要。。。



自給率40%とそのほとんどを輸入に頼ってしまっている日本はどうなる?



2004年に事務所のHPを作ったときの文章を今も掲載しています。


(抜粋 http://www.h2.dion.ne.jp/~sr-agri/index.htm 
=====================================

農業経営、農業起業、アグリビジネスなどなど・・・
「農」と「食」をキーワードに特化した社会保険労務士事務所を目指しています。

 日本の食料自給率はたった40%。
これは私たちの食生活の60%を輸入に頼らないと維持できないということを意味します。
日本はすさまじい経済成長をとげた世界有数の経済大国です。そんな経済大国日本が「食」からみれば外国に頼らなければ生きいけないのが現実です。

 現在、多くの食材・食品を諸外国からの輸入に頼っています。
輸入の大半をしめるアジア諸国も経済成長とともに食生活の変化・人口増加していくことでしょう。そして、各々自国の「食」を守るために自国のための生産に切り替える可能性もあります。・・・となれば、日本は他に頼れる国を探すのでしょうか。



やはり、自国の生産者にがんばっていただき、「日本の食」を支えていただなくてはなりません。

 弊事務所は、40%の「食」を支えている農業者の方々と「食」を業とされているフードシステムの中におられる方々を応援するべく、また多くの消費者に「食」に対しての認識を持ってもらうために尽力したいと「農業に特化した社会保険労務士事務所」を目指します!!


====================================



やはり、自国の生産者にがんばっていただき、「食」を守っていただなかなければなりません。
農に携わる人を増やし、定着させねばなりません。


日本の農業技術を他国に提供して、他国に生産してもらう・・・という意見もあるようですが、技術提供する国が自国の食べ物すら自分で生産できないでどうするのでしょうか・・・。



と、私は思うのですが。。。


もちろん、色々な意見はあるでしょうが。。。


ご相談はこちらへ・・・・
農業経営を労務の面からサポートする
京都府担い手育成支援協議会 登録スペシャリスト
全国農業経営支援社会保険労務士ネットワーク 会員
特定農作業従事者団体 京都農ゆう会 理事長
橋本將詞社会保険労務士事務所



ブログ村に参加しました。
ポチッとしていただければ励みになります。。
にほんブログ村 企業ブログ 農林水産業へ







スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nouroumu.blog50.fc2.com/tb.php/138-a1c442f4

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

SRしょうし

Author:SRしょうし
【事務所】
橋本將詞社会保険労務士事務所


【自己紹介】
昭和47年12月17日生
妻・娘・息子・母 の5人家族

大学時代に地元で集荷業を営んでいた父が他界。卒業と同時に父の跡を継ぎ、地元・上鳥羽で集荷業を営む。

同時に、社労士の勉強を開始。
平成12年合格、翌年登録、そして開業。


集荷業を営みつつ、事務所を運営する異色の社労士。


子供の頃から地元生産者の方々にお世話になり、農業の大切さを知る。
高齢化・人材不足・・・の波がおそう農業界に社労士として何ができるか模索中。


自称:農業労務コンサルタント



【集荷業とは・・・】
地元生産者と中央市場との仲立ち役。
市場出荷がメインの地元だが、市場評価と消費者評価に温度差があることに疑問を感じ、こちらも模索中。
ネットショップを開店するなど、市場外流通も始める。

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア

ビジネスブログランキング

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。