Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nouroumu.blog50.fc2.com/tb.php/120-89897ca2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

農家の売り子プロジェクト

少し古い新聞記事になりますが、全国農業新聞(H22.2.5号)において、こんな記事がありました。

「デフレ時代をどう生き抜くか」

「農家に値下げ圧力」

「拍車かかる低価格志向」
「農産物や加工品に波及」

「農家手取り軒のみ下落」


何とも厳しい内容です。


確かにこの不景気・・・デフレの状態では消費者の財布の紐が厳しくなり、少しでも安いものを・・・ということなのでしょう。


しかし、記事内容は少々違ったものです。


結果として消費者の低価格志向が農産物に跳ね返ってはいる状態なのですが、直接的な要因は利幅を確保しようとする業者からの値下げ圧力・・・ではないかと記事は触れています。



確かに、生産者としては販売先の事情も多少の考慮しなければ商売は成り立ちません。取引先の事情もわかるだけに両者にとって厳しいものです。




やはり、根本は消費者の低価格志向ではないかと考えます。


同じ惣菜なら安いものを・・・と考える消費者は多いでしょう。


でも、農産物を作るコストを考えるとある程度の価格は消費者に納得してもらう必要があります。それが厳しい価格競争を強いられている加工業者ではなかなか伝わらない。

とはいえ、生産者としては消費者に直接伝えることも難しく、何とももどかしい気持ちが・・・。



消費者としても「安全」は絶対条件ですが、その上に「安心」を求める傾向は根強くあります。いくら低価格志向とはいえ、多少高くても「安心感」を得ることができる農産物を選ぶはずです。



「なぜ、この価格がついているのか」

「どのように安心なのか」

「なぜ、今の時期にはこの野菜なのか」

「どうすれば美味しく食べられるのか」

「野菜の奥にあるストーリーは・・・」


単に野菜を並べて売るだけでなく、生産者一人一人の想いを一緒に届ける取り組み。。。






そこで(・・・といっていいのかわかりませんが・・・)、私の友人がこんな取り組みをはじまられました。


名づけて「農家の売り子プロジェクト」
http://nogyosien.com/


詳しくはHPをご覧いただきたいのですが、何とも納得できる取り組みです。




残席は3席らしいです。



ぜひとも関西での開催を・・・!^^



ご相談はこちらへ・・・・
農業経営を労務の面からサポートする
京都府担い手育成支援協議会 登録スペシャリスト

橋本將詞社会保険労務士事務所



ブログ村に参加しました。
ポチッとしていただければ励みになります。。
にほんブログ村 企業ブログ 農林水産業へ



スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nouroumu.blog50.fc2.com/tb.php/120-89897ca2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

SRしょうし

Author:SRしょうし
【事務所】
橋本將詞社会保険労務士事務所


【自己紹介】
昭和47年12月17日生
妻・娘・息子・母 の5人家族

大学時代に地元で集荷業を営んでいた父が他界。卒業と同時に父の跡を継ぎ、地元・上鳥羽で集荷業を営む。

同時に、社労士の勉強を開始。
平成12年合格、翌年登録、そして開業。


集荷業を営みつつ、事務所を運営する異色の社労士。


子供の頃から地元生産者の方々にお世話になり、農業の大切さを知る。
高齢化・人材不足・・・の波がおそう農業界に社労士として何ができるか模索中。


自称:農業労務コンサルタント



【集荷業とは・・・】
地元生産者と中央市場との仲立ち役。
市場出荷がメインの地元だが、市場評価と消費者評価に温度差があることに疑問を感じ、こちらも模索中。
ネットショップを開店するなど、市場外流通も始める。

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア

ビジネスブログランキング

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。