FC2ブログ
農業労務コンサルタントのブログ
農業に特化した社労士事務所を営む特定社会保険労務士が、経営者に限らず実際に研修生として農業界に身を置く方へ、農業労務の情報を提供。
201810<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201812
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
平成21年度 「農の雇用事業」(第2回)募集始まる!
平成21年度 第2回目の「農の雇用事業」の申請受付が開始されました。

受付期間は11月9日~11月27日まで


農業に携わる皆さんならご存知(?)の、農の雇用事業の申請受付が開始されています。


新規就農相談センター

制度の内容等詳しいことはこちらへ・・・

注)さらに詳しいことは、各都道府県の農業会議所へ


さてさて、他産業からみれば羨ましすぎる「農の雇用事業」募集が開始されました。
新規に就農したい人材を既農業人の経営者の方に研修を兼ねて雇用し、新たな担い手として育成しようというのが制度の目的です。



違った見方をすれば、研修生を受け入れる側からすれば最長1年間の労働力を月額上限9万7千円の補助を受けながら確保できる(?)制度です。



ブログでも何度か書きましたが、人材不足・・・人手が足りないということでこの制度を利用された経営者にとっては1年後、研修生が自社に定着するか(それとも巣立つか)、とても問題です。
というのも、研修生といえど立派な労働力。補助を受けながら労働力を確保できるわけですから有難いことです。でも、1年後はどうなるでしょう。


賃金を支払って労働力として定着させたい・・・

もしくは、制度利用はあくまでも農業人育成のためとするのか・・・


でも、法人としては「期間の定めのない雇用契約」を締結することが要件となっているんですよね。あくまでも研修目的で就農した方については自己都合退職とし、法人に就職という目的で入社した方については正社員ということか・・・。


人材として定着を考えおられる経営者の方々・・・、ぜひご相談を・・・。



suppot-logo

ご相談はこちらへ・・・・
農業経営を労務の面からサポートする
農業労務コンサルタントの事務所

橋本將詞社会保険労務士事務所


ブログ村に参加しました。
ポチッとしていただければ励みになります。。
にほんブログ村 企業ブログ 農林水産業へ



スポンサーサイト

テーマ:農業 - ジャンル:就職・お仕事

コメント
コメント
初めまして!
少し思うことがあって、サブカテを農業に変えてみようと思いました。
今日更新して、覗いてみると「農業労務コンサルタント」v-63ピンとくるものがあり、コメント入れさせて頂きました。

そのうちにアドバイスなどを頂きたいと思うかもしれません。
相談料はお高いのでしょうか?

お気に入りに登録させて頂きました。
よろしくです。
2009/11/10(火) 23:57:36 | URL | orenge #iAn.OV3g [ 編集 ]
orengeさん>
はじめまして、コメント有難うございます。

相談料ですが、そんなに高くないかと思います。^^
詳しく事務所HP内の報酬規程へ

http://www.h2.dion.ne.jp/~sr-agri/office/housyu.htm

ちなみに、農業労務コンサルタントという名称ですが、私が勝手に作ったものですので、確立された何かがあるわけではありません。

今後ともよろしくお願いします。
2009/11/11(水) 07:32:41 | URL | しょうし #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。