FC2ブログ
農業労務コンサルタントのブログ
農業に特化した社労士事務所を営む特定社会保険労務士が、経営者に限らず実際に研修生として農業界に身を置く方へ、農業労務の情報を提供。
201810<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201812
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
農の雇用事業から、人材の定着を考えませんか?
農の雇用事業を申請される生産者の皆さん


農の雇用事業の目的事体は、現役のプロ生産者の皆さんに、人材を育成してもらい、未来の担い手を育てようというものです。


研修を受ける側からすれば研修の場が確保できます。

一方、受け入れ側からは「研修」といえど、一時的には「労働力」が確保できます。



ただ、目的が「技術を習得させる」ことであり、人材の定着まで考えた制度ではありません。ですので、研修終了後は他の経営体での勤務や独立就農でも助成金はでることになっています。



でも、1年確保した労働力・・・・。できたら、我が農場で働いてほしくありませんか?

それに、研修生にとっても1年で何がわかるのか。私の知っている生産者がこういわれます。
「百姓毎年一年生」
私は農業の経験がありませんが、傍でみていてそのとおりだと思います。1年でわかることはたかが知れている。次の年は違った気候・天候になります。



せっかく選んで研修してもらって、できる限り定着して、我が農場で働いてもらいたい。。。




いわば、人材の定着を計りたい。



もともとの研修生の意向にもよりますが、労働力を定着させたい経営者の方、どうぞご相談ください。


ともに考えさせてください。



農の雇用事業の条件となっている労働保険への加入手続もお任せを。



農業に特化した社会保険労務士  橋本將詞です。。。。^^

suppot-logo

ご相談はこちらへ・・・・
農業経営を労務の面からサポートする
農業労務コンサルタントの事務所

橋本將詞社会保険労務士事務所


ブログ村に参加しました。
ポチッとしていただければ励みになります。。
にほんブログ村 企業ブログ 農林水産業へ



スポンサーサイト

テーマ:農業 - ジャンル:就職・お仕事

コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。