Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nouroumu.blog50.fc2.com/tb.php/1-41e08894

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

農業における経営者と従業員・・・



農業だけにとどまらず従業員と社長との関係は大変重要です。
大企業なら社長の顔すら知らない従業員・・・というのは大勢おられるでしょうが、中小企業では・・・・特に農業などの従業員数名という企業では・・・社長も現場で一般の従業員と一緒に作業をする・・・ということは多々あります。
ましてや、農業法人経営者のほとんどの方は農家を個人で営んでおられた方・・・、法人になって従業員を雇ったからと、麦藁帽子を脱ぎ捨ててスーツ姿で仕事をこなす・・・という社長はあまりおられないことだと思います。

一緒に農作業を行い、太陽の下で働く・・・。。
農業においては、社長と従業員は同じ立場・・(対等な立場)であるかのように思えます。。

しかし、実際は違います。
意識せずともやはり、社長は使用者として従業員に賃金(給料)を支払う、従業員は働いた見返りとして賃金(給料)をもらう、その立場は変えようがありません。そして、そこには少なからず仕事に関しての意識・想いの違いがあります。


お互いの立場や意識を理解しあうことで、社長だけでなく従業員さんの仕事に対する意欲を高め、会社に活気を与える・・・・・。結果として、生産性も向上し、会社の収益にも繋がる・従業員さんの給料にも繋がる。。
簡単にいうと労務管理とは、「従業員さんの能力を効果的に活用することにより、事業目的を実現する」ということです。


とはいえ、「お互いの立場や意識を理解しあう」だけでは漠然としすぎてわかりにくくなってしまいます。
例えば、雇い入れ時に労働条件を社長から従業員さんに提示するではなく提案するなど・・、社長の考えを形として示しつつ、従業員さんの考えを聞く姿勢も大切です。


もちろん、新年会や忘年会、歓送迎会や祭りの足洗いなどのコミュニケーションも同じく重要ですが・・・・。。^^




「就農」という言葉がネット上でも飛びかっています。
高齢化がすすみ、耕作放棄地が増える一方、就農人口は増えている傾向にあります。新規就農者を定着させるためにも、他産業並みの労働条件は必須です。
農業経営者の労務管理によって、日本の農業の将来の行く末が変わってくると私は考えています。。。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nouroumu.blog50.fc2.com/tb.php/1-41e08894

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

SRしょうし

Author:SRしょうし
【事務所】
橋本將詞社会保険労務士事務所


【自己紹介】
昭和47年12月17日生
妻・娘・息子・母 の5人家族

大学時代に地元で集荷業を営んでいた父が他界。卒業と同時に父の跡を継ぎ、地元・上鳥羽で集荷業を営む。

同時に、社労士の勉強を開始。
平成12年合格、翌年登録、そして開業。


集荷業を営みつつ、事務所を運営する異色の社労士。


子供の頃から地元生産者の方々にお世話になり、農業の大切さを知る。
高齢化・人材不足・・・の波がおそう農業界に社労士として何ができるか模索中。


自称:農業労務コンサルタント



【集荷業とは・・・】
地元生産者と中央市場との仲立ち役。
市場出荷がメインの地元だが、市場評価と消費者評価に温度差があることに疑問を感じ、こちらも模索中。
ネットショップを開店するなど、市場外流通も始める。

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア

ビジネスブログランキング

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。