Entries

スポンサーサイト

農業を「変える力」と「守る力」

全国農業新聞にこんなコラムが載っていました。農業マーケティングで有名な平岡豊先生のコラムです。先生は、流通業者や食品メーカーが市場で競争力を持つモノを農家に作ってもらおうという動き・・・すなわち農業を「変える力」も必要ではあるが、同時に農地の4割近くを占める中山地域における田畑を「守る力」も必要である。といわれています。最近よく話題になる農商工連携。農商工連携といってもこの動きは農業を商工業に合わ...

農の雇用事業から、人材の定着を考えませんか?

農の雇用事業を申請される生産者の皆さん農の雇用事業の目的事体は、現役のプロ生産者の皆さんに、人材を育成してもらい、未来の担い手を育てようというものです。研修を受ける側からすれば研修の場が確保できます。一方、受け入れ側からは「研修」といえど、一時的には「労働力」が確保できます。ただ、目的が「技術を習得させる」ことであり、人材の定着まで考えた制度ではありません。ですので、研修終了後は他の経営体での勤務...

Appendix

プロフィール

SRしょうし

Author:SRしょうし
【事務所】
橋本將詞社会保険労務士事務所


【自己紹介】
昭和47年12月17日生
妻・娘・息子・母 の5人家族

大学時代に地元で集荷業を営んでいた父が他界。卒業と同時に父の跡を継ぎ、地元・上鳥羽で集荷業を営む。

同時に、社労士の勉強を開始。
平成12年合格、翌年登録、そして開業。


集荷業を営みつつ、事務所を運営する異色の社労士。


子供の頃から地元生産者の方々にお世話になり、農業の大切さを知る。
高齢化・人材不足・・・の波がおそう農業界に社労士として何ができるか模索中。


自称:農業労務コンサルタント



【集荷業とは・・・】
地元生産者と中央市場との仲立ち役。
市場出荷がメインの地元だが、市場評価と消費者評価に温度差があることに疑問を感じ、こちらも模索中。
ネットショップを開店するなど、市場外流通も始める。

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア

ビジネスブログランキング

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。