Entries

スポンサーサイト

農地法改正 企業を担い手に想定するならば・・・

今月、農地法の改正案が参議院で可決されました。施行は今年12月からでしょうか。。農地法については、それほど詳しくありませんが、どんな法律でもその目的を改正することは法にとっては一大事。何てたってその法律の存在意義が変更されるんですから。今回の改正で、「農地は耕作者自らが所有することを最も適当とする」という耕作者主義(70年改正までは自作農主義・・・説明略)から、「農地の効率的な利用を促進する」考え...

農の雇用事業・・・その意義

農の雇用事業は、研修費用の助成名目で一般の雇用保険からでる助成金とは少し毛色の違うものです。農業だけの雇用対策助成としてこれだけの予算が使われることには賛否があるものと思いますが、利用するからにはその意図することを理解した上で受給すべきものだと考えます。でも、農業会議所や農水省のパンフをみると、助成内容を誇張するだけでその目的にはほとんど触れられていません。これでは受給する側にとっては単に何かをす...

農の雇用事業 再び

今年3月に募集した「農の雇用事業」が再度復活しました。農業を経営している方(法人・個人にかかわらず)が、新規就業者(研修生)を雇用し、研修を行う場合に、その研修費用を最長12ヶ月間助成するものです。その額、月額9万7千円(上限)しかも、新規就業者の住居手当や通勤手当も月額3万3千円を上限に助成するというすごい内容です。さらにすごいのは、雇用に関しても現時点(平成21年6月)以降に新たに雇用すること...

読みました  「農協の大罪」 

本を一冊読み終えました。。。強烈な内容でした。。。。ここまで農協について書かれた本を読んだのは初めてです。ただ、共感できる部分は多々ありました。農協の事情や中身を知らない私にとっては、すごく勉強になった本ではありました。特に、「食料安全保障」についての考え方・・・「食料安全保障とは、国際的な食料・農産物価格が高騰したり、海外から食料が来なくなったときに、どれだけ自国の農業資源を活用して国民に必要な...

農作業死亡事故 労災適用わずか4%  について・・・・

日本農業新聞に労災関連の記事がありました。記事によると・・・・・以下、斜線字は抜粋07年、農作業中の事故死亡者397人のうち、労災が適用された農家は15人と、わずか3.8%に過ぎないことが1日、厚生労働省の調べで分かった。先日、ブログにUPした記事(http://nouroumu.blog50.fc2.com/blog-entry-91.html)のとおり、農作業中の事故死亡者数はずっと横ばいで、建設作業中の死亡者数が減少している現状と比べると...

Appendix

プロフィール

SRしょうし

Author:SRしょうし
【事務所】
橋本將詞社会保険労務士事務所


【自己紹介】
昭和47年12月17日生
妻・娘・息子・母 の5人家族

大学時代に地元で集荷業を営んでいた父が他界。卒業と同時に父の跡を継ぎ、地元・上鳥羽で集荷業を営む。

同時に、社労士の勉強を開始。
平成12年合格、翌年登録、そして開業。


集荷業を営みつつ、事務所を運営する異色の社労士。


子供の頃から地元生産者の方々にお世話になり、農業の大切さを知る。
高齢化・人材不足・・・の波がおそう農業界に社労士として何ができるか模索中。


自称:農業労務コンサルタント



【集荷業とは・・・】
地元生産者と中央市場との仲立ち役。
市場出荷がメインの地元だが、市場評価と消費者評価に温度差があることに疑問を感じ、こちらも模索中。
ネットショップを開店するなど、市場外流通も始める。

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア

ビジネスブログランキング

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。