Entries

スポンサーサイト

思うとこあって・・・

ちょっと思うところがあり、自分の中で「農業支援」について整理しました。近々、事務所HPのトップをマイナーチェンジする予定でいます。そのときにUPする農業支援のイメージ図。。・・・そんな大それたものではありませんが・・・・・要は、農業に対して自分のなかで何を支援できるのか見えにくくなっていたのです。集荷業という側面からは、市場流通等の情報提供により攻めの経営を・・・。社労士という立場では、人材育成・...

「農業が日本を救う」財部誠一著

最近、読んだ本のご紹介。サンデープロジェクト等で活躍中のジャーナリスト財部誠一さんの本「農業が日本を救う」(PHP研究所)副題が「こうすれば農業は21世紀最大の成長産業になる」・・・ですが、個人的には農業が成長産業になってはいけないと考えているので、少し懐疑的に読み始めました。最初の部分は農業で成功された事例の紹介で、この手の本ではよく見かけます。でも、大手企業が農業参入を試みたものの失敗し、撤退し...

何をさらすねん!

農業労務コンサルタントのブログとは少し趣旨は外れますが・・・・・・私が住んでいる地域(京都市南区)は京野菜の産地として有名です。西に桂川、東に鴨川が流れる三角州のようなところに位置しており、平安京時代から雨が降れば川が氾濫するという地域でした。そのために、土が肥え、海産物が手に入りにくく貴族の食事として良質の野菜(京野菜)を栽培するのに適した土壌となっていったのです。土モノ(海老芋や京人参、慈姑)...

Appendix

プロフィール

SRしょうし

Author:SRしょうし
【事務所】
橋本將詞社会保険労務士事務所


【自己紹介】
昭和47年12月17日生
妻・娘・息子・母 の5人家族

大学時代に地元で集荷業を営んでいた父が他界。卒業と同時に父の跡を継ぎ、地元・上鳥羽で集荷業を営む。

同時に、社労士の勉強を開始。
平成12年合格、翌年登録、そして開業。


集荷業を営みつつ、事務所を運営する異色の社労士。


子供の頃から地元生産者の方々にお世話になり、農業の大切さを知る。
高齢化・人材不足・・・の波がおそう農業界に社労士として何ができるか模索中。


自称:農業労務コンサルタント



【集荷業とは・・・】
地元生産者と中央市場との仲立ち役。
市場出荷がメインの地元だが、市場評価と消費者評価に温度差があることに疑問を感じ、こちらも模索中。
ネットショップを開店するなど、市場外流通も始める。

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア

ビジネスブログランキング

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。