Entries

スポンサーサイト

PR

流れは以下のようになります。ポイントは、経営理念から、事業にはどのような人材が必要か、その人材を育てるためにどのような管理を行うかをまずは文章化すること。そこから、就業規則で職場のルールを定め、今ある職種、職務を体系化し分析します。ですので、今あるものにあてはめる・・・のではなく、あくまでもオリジナルのものを構築し、定着させます。そのサポートをさせていただくのが、弊所となるわけです。とはいえ、大事...

ご提案

農業就業者の平均年齢66歳超という現実。一般の企業であれば、定年に達しておられる方ばかり。高齢の方だから仕事ができない・・・と言っているわけではありません、農業は経験が必要。高齢の方ほど、熟練した技術と感をお持ちだと思います。ただ、10年後を考えた場合、66歳の方は76歳になられます。これで数十年後に日本の農業が維持できるのでしょうか。会社として、農業経営として、このまま発展できますか、現状維持できますか...

農業における人材育成は社会的に必須

農業就業者の平均年齢66歳超。一般の企業であれば、定年に達しておられる方ばかり。高齢の方だから仕事ができない・・・と言っているわけではありません、農業は経験が必要。高齢の方ほど、熟練した技術と感をお持ちだと思います。ただ、10年後を考えた場合、66歳の方は76歳になられます。これで数十年後に日本の農業が維持できるのでしょうか。現状を考えると農「家」が増えるとは思えません。となれば、今元気のある農業経営者が...

労務を知るは使用者だけでなく

先日の日曜日、合同会社エースクールの週末農業スクールの講師として、明石で受講生に向けてお話させていただきました。内容は「農業と労務」。講師をお受けして、もう数年・・・何度もお話させていただいているのですが、やりはじめた当初、内容が「労務」ということで、就農を目指される方に・・・?と思っていたものの、最近では「これはこれで必要」だと感じています。就農を目指されるものの、やはりもう少し勉強を・・・とい...

評価制度より必要なもの

前回の記事で、「農業に評価制度は必要です」と書きました。もちろん、そうです。ですが、もっと必要なものがあります。それは「農作業中の事故に対する認識」「労働基準法の内容」です。評価制度は、いわば労働者に目標を与えるもので、それはそれで必要です。ただ、思い切って働ける環境を整える・・・ということが、まず大前提として必要。農作業中の事故で毎年400名の方が命を落とされている現実・・・。なぜそのような不幸な...

Appendix

プロフィール

SRしょうし

Author:SRしょうし
【事務所】
橋本將詞社会保険労務士事務所


【自己紹介】
昭和47年12月17日生
妻・娘・息子・母 の5人家族

大学時代に地元で集荷業を営んでいた父が他界。卒業と同時に父の跡を継ぎ、地元・上鳥羽で集荷業を営む。

同時に、社労士の勉強を開始。
平成12年合格、翌年登録、そして開業。


集荷業を営みつつ、事務所を運営する異色の社労士。


子供の頃から地元生産者の方々にお世話になり、農業の大切さを知る。
高齢化・人材不足・・・の波がおそう農業界に社労士として何ができるか模索中。


自称:農業労務コンサルタント



【集荷業とは・・・】
地元生産者と中央市場との仲立ち役。
市場出荷がメインの地元だが、市場評価と消費者評価に温度差があることに疑問を感じ、こちらも模索中。
ネットショップを開店するなど、市場外流通も始める。

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア

ビジネスブログランキング

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。