Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nouroumu.blog50.fc2.com/tb.php/146-d09b17d4

トラックバック

コメント

[C24] はじめまして。

こんばんわ。
こちらのブログを拝見させて頂きました。

私は農業者ですが、TPPには賛成でも反対でもない考えです。
できれば今は、日本が対等に付き合っていける相手をしっかり検討できるFTAを先に進めるべきだと思っていますが、保守的にばかりなっているのもどうかと思っています。

こちらのブログには、「国内」と「海外」と区別した農産物や販路や流通についてお話しですが、実際には国内で作られた物の多くが国内でまわると思います。
海外に出て行く物は、海外で戦える物に特化するように私は思います。

例えばトマトを海外に持っていっても、海外の方がずっと安価で商品もいいものばかりです。
逆に日本が打撃を受けるのは、米や大豆などの穀物類ではないですかね。
そんな風に今は思います。

  • 2011-02-14 22:24
  • una
  • URL
  • 編集

[C25] No title

はじめまして。
コメントありがとうございます。

非常に難しく、私もよくわかっておりません。
ただ、漠然とですが・・・輸出する農業が今以上に採算がとれ、利益があがるとなれば、多くはそちらにむかうのではないかと単純に考えます。
皆がそうだとは思えませんが、やる気のある農業者の多くは海外に出ていくものを作ろうとするのではないかと。
もし、トマトが海外で勝負できないのであれば、海外で勝負できるものを作るようになるのではないかと。

おっしゃるように保守的になりすぎてもいけないと思います。私もTPPよりも個別に各国とFTAを進めるべきだと思います。

同時に、国内の消費者に国産への愛着を感じてもらいたいと考えています。強い農業とは、単純に海外で評価されるものではなく、日本国内で相応の評価されるようにならなくてはならないと考えます。
今のような市場流通では相応の評価は難しいのかもわかりませんが、海外の消費者よりも、まず国内の消費者にしっかりと食べてもらいたいというのが私の想いです。
  • 2011-02-15 00:21
  • しょうし
  • URL
  • 編集

[C26]

お返事ありがとうございました。

私も、国内の農業を多くの国民が知って、もっと国産に拘る方向付けが必要だと思います。

また、今日本の農業に急務なのはTPPではなくて、担い手育成と農地の農地としての有効活用だと思います。

お話しできて嬉しかったです。
また拝見させていただきます。
  • 2011-02-15 05:19
  • una
  • URL
  • 編集

[C27]

こんばんは

ある老人介護施設の厨房にトマトを届けた時に唖然とした事があります

使ってる野菜は全部ボイルされて冷凍された輸入品でした(゜Д゜)
  • 2011-09-10 20:41
  • しげちゃん農園
  • URL
  • 編集

[C28] Re: タイトルなし

しげちゃん農園さん>
はじめまして。

介護施設がどうであるとか、ご高齢の方向けの食事だからとか、ではなく、現在の日本の状況として致し方ないこと・・・しくみになってしまっているような気はします。

人件費含め調理の手間や材料費等・・・採算性を考えると仕方ないことかとも思いますが、少し悲しいです。そういう施設こそ、地産地消で地元の農家さんと提携して・・・ということができれば素晴らしいですね。

> こんばんは
>
> ある老人介護施設の厨房にトマトを届けた時に唖然とした事があります
>
> 使ってる野菜は全部ボイルされて冷凍された輸入品でした(゜Д゜)
  • 2011-09-21 09:18
  • SRしょうし
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

輸出が農業の進むべき道となると・・・

本当に独り言ですが・・・・


国内で作られた農産物は、確かに品質もよく、輸出すれば買ってくれるところはたくさんあるかもわかりません。TPPの議論のなかで、農業に携わってない方は「農業が保護されすぎている」とか、もっと「海外へうってでるべき」との意見があります。

政府もそういう(輸出)を考えているような・・・。


でも、ちょっと考えてみてください。


農業を輸出産業とすれば、農業を業とする人は皆、販売先に海外を想定します。

国内の需要の大勢は、安いものを好む・・・ですから。


例えば、日本で農作物を作る人(会社)が皆、販路を海外に向けるとすると、国内の農産物はどこから?



確かに、安価な輸入物は手に入りやすくなるでしょうが、店頭には輸入物ばかりが並び、国産のものは少なく・・もしくは高くなっても、それはそれで納得されるのでしょうか。


私は正直、嫌ですが・・・。




すいません、独り言でした。。。



ご相談はこちらへ・・・・
農業経営を労務の面からサポートする
京都府担い手育成支援協議会 登録スペシャリスト
全国農業経営支援社会保険労務士ネットワーク 会員
特定農作業従事者団体 京都農ゆう会 理事長
全国農業関係行政書士コンサルタント協議会 専門職会員
橋本將詞社会保険労務士事務所



ブログ村に参加しました。
ポチッとしていただければ励みになります。。
にほんブログ村 企業ブログ 農林水産業へ






スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nouroumu.blog50.fc2.com/tb.php/146-d09b17d4

トラックバック

コメント

[C24] はじめまして。

こんばんわ。
こちらのブログを拝見させて頂きました。

私は農業者ですが、TPPには賛成でも反対でもない考えです。
できれば今は、日本が対等に付き合っていける相手をしっかり検討できるFTAを先に進めるべきだと思っていますが、保守的にばかりなっているのもどうかと思っています。

こちらのブログには、「国内」と「海外」と区別した農産物や販路や流通についてお話しですが、実際には国内で作られた物の多くが国内でまわると思います。
海外に出て行く物は、海外で戦える物に特化するように私は思います。

例えばトマトを海外に持っていっても、海外の方がずっと安価で商品もいいものばかりです。
逆に日本が打撃を受けるのは、米や大豆などの穀物類ではないですかね。
そんな風に今は思います。

  • 2011-02-14 22:24
  • una
  • URL
  • 編集

[C25] No title

はじめまして。
コメントありがとうございます。

非常に難しく、私もよくわかっておりません。
ただ、漠然とですが・・・輸出する農業が今以上に採算がとれ、利益があがるとなれば、多くはそちらにむかうのではないかと単純に考えます。
皆がそうだとは思えませんが、やる気のある農業者の多くは海外に出ていくものを作ろうとするのではないかと。
もし、トマトが海外で勝負できないのであれば、海外で勝負できるものを作るようになるのではないかと。

おっしゃるように保守的になりすぎてもいけないと思います。私もTPPよりも個別に各国とFTAを進めるべきだと思います。

同時に、国内の消費者に国産への愛着を感じてもらいたいと考えています。強い農業とは、単純に海外で評価されるものではなく、日本国内で相応の評価されるようにならなくてはならないと考えます。
今のような市場流通では相応の評価は難しいのかもわかりませんが、海外の消費者よりも、まず国内の消費者にしっかりと食べてもらいたいというのが私の想いです。
  • 2011-02-15 00:21
  • しょうし
  • URL
  • 編集

[C26]

お返事ありがとうございました。

私も、国内の農業を多くの国民が知って、もっと国産に拘る方向付けが必要だと思います。

また、今日本の農業に急務なのはTPPではなくて、担い手育成と農地の農地としての有効活用だと思います。

お話しできて嬉しかったです。
また拝見させていただきます。
  • 2011-02-15 05:19
  • una
  • URL
  • 編集

[C27]

こんばんは

ある老人介護施設の厨房にトマトを届けた時に唖然とした事があります

使ってる野菜は全部ボイルされて冷凍された輸入品でした(゜Д゜)
  • 2011-09-10 20:41
  • しげちゃん農園
  • URL
  • 編集

[C28] Re: タイトルなし

しげちゃん農園さん>
はじめまして。

介護施設がどうであるとか、ご高齢の方向けの食事だからとか、ではなく、現在の日本の状況として致し方ないこと・・・しくみになってしまっているような気はします。

人件費含め調理の手間や材料費等・・・採算性を考えると仕方ないことかとも思いますが、少し悲しいです。そういう施設こそ、地産地消で地元の農家さんと提携して・・・ということができれば素晴らしいですね。

> こんばんは
>
> ある老人介護施設の厨房にトマトを届けた時に唖然とした事があります
>
> 使ってる野菜は全部ボイルされて冷凍された輸入品でした(゜Д゜)
  • 2011-09-21 09:18
  • SRしょうし
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

SRしょうし

Author:SRしょうし
【事務所】
橋本將詞社会保険労務士事務所


【自己紹介】
昭和47年12月17日生
妻・娘・息子・母 の5人家族

大学時代に地元で集荷業を営んでいた父が他界。卒業と同時に父の跡を継ぎ、地元・上鳥羽で集荷業を営む。

同時に、社労士の勉強を開始。
平成12年合格、翌年登録、そして開業。


集荷業を営みつつ、事務所を運営する異色の社労士。


子供の頃から地元生産者の方々にお世話になり、農業の大切さを知る。
高齢化・人材不足・・・の波がおそう農業界に社労士として何ができるか模索中。


自称:農業労務コンサルタント



【集荷業とは・・・】
地元生産者と中央市場との仲立ち役。
市場出荷がメインの地元だが、市場評価と消費者評価に温度差があることに疑問を感じ、こちらも模索中。
ネットショップを開店するなど、市場外流通も始める。

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア

ビジネスブログランキング

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。